こーぞーのブログ

どうせだったら!楽しみましょう!
毎日がフェステバル!
ひゅーーーーーー!

ロバを売りにいく親子って、なにそれ?

あ!みなさん!


イソップ童話って、知ってますよね!

rblog-20150914043132-00.jpg

家の本棚!整理したら、


語り継ぎたい、イソップ童話って本!


発見!


ちょっとだけ、開いてみると、


アルアル!へーーーーーー!


今のKO~ぞーの今の環境と、


一緒!一緒!


今!読んでも、


目からウロコでした!

rblog-20150914043132-01.jpg

ビックリ!


何も!幼児期だけが、


読むものじゃないって、


思いましたねー!


充分!大人の方も!バッチリ!


かえって、色々!経験された方々が、


読んだ方が良いのかも?

rblog-20150914043133-02.jpg


どなたが、書いたのか?


素晴らしいですよ!


教訓!生きる為の技がいっぱい!


いい感じです!


きゃーーーー!


色々、ジャンルがあるのですが、


ロバを売りにいく親子って、


みなさんにご紹介しますね!

rblog-20150914043133-03.jpg



ちょっと、長いですけど、


あらすじを表現しなければ、


いけないと、思いましたので、


すみません!


では、では、



それは、



ろばを飼っていた父親と息子が、


そのろばを売りに行くため、


市場へ出かけた。


2人でろばを引いて歩いていると、


それを見た人が言う、

「せっかくろばを連れているのに、


乗りもせずに歩いているなんて


もったいないことだ」


なるほどと思い、


父親は息子をろばに乗せる。


しばらく行くと別の人がこれを見て、

「元気な若者が楽をして、


親を歩かせるなんて、ひどいじゃないか」


と言うので、なるほどと、


今度は父親がろばにまたがり、


息子が引いて歩いた。


また別の者が見て、

「自分だけ楽をして子供を歩かせるとは、


悪い親だ。


いっしょにろばに乗ればいいだろう」


と言った。


それはそうだと、


2人でろばに乗って行く。


するとまた、


「2人も乗るなんて、


重くてろばがかわいそうだ。


もっと楽にしてやればどうか」


と言う者がいる。


それではと、


父親と息子は、


こうすれば楽になるだろうと、


ちょうど狩りの獲物を運ぶように、


1本の棒にろばの両足をくくりつけて吊り上げ、2人でかついで歩く。


しかし、不自然な姿勢を嫌がったろばが、


暴れだした。


不運にもそこは橋の上であった。


暴れたろばは川に落ちて流されてしまい、


結局親子は、


苦労しただけで一文の利益も得られなかった。


ギャハハハ!って、笑い事では、


ありませんね!



んーーーーーーん!


ちょっとだけ、長いですけど、


ありがとうございました!


あらためてまして、教訓なんですが、


人の話ばかり、聞いていると、


結局!ひどい目にあってしまうって、


事ですよ!今さらですが、


でも!アリアリありませんか?


あなたの組織!集団!どうですか?


いいんじゃないですか?


イソップ童話って、この話


馬鹿にできナイナイ!


もっと!もっと!


あなた!あなたの教訓!


増やしましょうよ!

rblog-20150914043133-04.jpg


自分自身のスキルアップしましょうよ!


あなたは、誰にも負けナイナイ!


ぜひ、イソップ童話からスタートしませんか?



あれーーーーー!

またブログで、やっちゃった!かな?

あーーあ!

やっちゃった!


ギャハハハ!☆☆☆☆

べろべろばーーーーーー!☆☆☆☆


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



お気楽日記ランキングへ


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


KO~ぞーの順位!順位!


いったい

何位でしょうか?

このblog?


こうぞうのブログ!

今日は、上位かも?(笑)(笑)

そんなわけナイナイ!


ポチ!ぽっちって、

ブログランキングへの箇所!

押してくださいね!


押すことによりまして、


こーぞーに!こーぞーに!

1票が入るんでーーーーーーーす!


よろしくお願いいたします!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。